木工事のさらなる進捗

こんにちは、DAhome得地です。

モデルハウスの工事が着々と進んでおります。

1階から2階部分まで木工事が進み

屋根までかかりました。

このタイミングを上棟といいます。

ちなみに、上棟とは柱や梁などの基本的な構造が完成した後

屋根の一番上の部材である、棟木(むなぎ)と呼ばれる木材を取り付ける事を言います。

最近ではあまり見かけなくなってしまいましたが、

上棟式で餅まきをする地域もありますよね。

話を戻しまして、続いては…

家の周りを外壁で囲うための下地を貼っていきます。

そして、合わせて窓も取り付けられました。

家の中では断熱性能を高めるための「高性能グラスウール」が敷き詰められました。

さらに家の外側からも断熱性能を高めるため、「付加断熱」施工の様子がこちらです。

次回は「外壁」

家の内部がどのように工事が進んだかお伝えいたします。

※モデルハウスのご見学は後日完成次第のご案内となりますが、個別のご相談は随時受け付けしております。

下記「資料請求」「来場予約」ページよりお問合せをお待ちしております。

一覧にもどる

最新情報・WEBサイト未公開情報を
お届けします。

来場予約はこちら